診療時間
平日 9:30~12:30
14:00~19:30
土曜 9:30~13:00
休診:日曜・祝祭日

症例紹介Cases

上顎前歯部インプラント埋入を行ったケース

他院より、インプラント治療を希望されているので引き継いで欲しいとの理由で来院されました。右上、左上それぞれ前歯は、歯の神経の治療をし、治らないため歯根端切除術という外科治療がされ、前医が歯を残そうと努力されたみたいです。来院時に検査、診断の結果、右上前歯は抜歯が望ましく、左上前歯は一度感染根管治療を試みた上で抜歯か否か、検討することとしましたが、根尖付近の様々な要因で、結果として抜歯することとなりました。抜いた後の処置としては、ブリッジ、入れ歯、インプラントが一般的には選択肢として挙げられますが、患者さんと相談した結果、今回はインプラントにて機能回復(噛めるように)することとなりました。

治療前レントゲン写真

緑の矢印に注目、右上前歯、左上前歯共に歯根の先端部に透過像(病変を疑う像)を認めました。

治療前レントゲン写真

骨を残すための部分矯正の写真

術前CTで骨の幅がかなり薄いため、骨を出来る限り残すための挺出処置を行い、抜歯を行います。抜歯と同時に人工骨を利用した抜歯窩保存術も行い、可能な限り良い条件でインプラント埋入できるよう努力してます。

骨を残すための部分矯正の写真

術後CT画像診断

右上、左上前歯ともに、インプラントの維持に必要な唇側骨は確保されていることを確認しています。

術後CT画像診断

治療後レントゲン写真

治療後のパノラマレントゲン写真です。緑色矢印の部分にインプラント治療が施術されています。この画像診断では問題なく治療ができたことがわかりました。

治療後レントゲン写真

治療前の正面像

緑色矢印が、抜歯治療が必要な歯となります。この状態で当院を受診されました。

歯肉には、根端切除手術をしたことが伺える手術痕が認められます。
特に、既に手術などを繰り返された部位は、処置が困難な場合があります。

治療前の正面像

インプラント治療後の正面像

緑色矢印の部分がインプラント治療部位です。失った歯のスペースや隣の歯の形、かみ合わせる相手の歯の形(今回は下の歯の位置)により最終補綴物(最後にかぶせる歯)の形態は決まってしまいます。ただし仮歯(治療のために使う歯)で歯ぐきの形などをある程度調整することができます。

インプラント治療後の正面像

インプラント治療後の正面像

前歯のインプラント治療は、歯肉の維持、形態回復を伴う特に審美的に行うことが難しい治療です。希望される結果になるよう最善は尽くしますが、結果を保証する治療ではありませんので、必ず主治医とよく相談してください。

インプラント治療後の正面像
治療期間
約1年
費用
部分矯正及び抜歯窩保存術:20万円〜
インプラント治療:46万円
プロビジョナルクラウン(歯茎の形を整えるための仮歯):6万円〜
(全て1本あたりの費用)
リスク
部分矯正治療の際に、弱い痛みを感じる方がいらっしゃいます。また抜歯窩保存術に使用する人工骨、及びインプラントフィクスチャーが術後感染し、材料及びインプラントフィクスチャーが感染脱落するリスクなどがあります。そのリスクを下げるために、CT撮影などの画像診断、サージカルステントの利用、薬剤投与などを行うことで、少しでも安全に行えるよう対応しています。

治療費、期間、リスクはあくまで参考(目安)であり、患者個々の状態により異なる場合があります。結果を保証するものではございませんので、必ず主治医と相談してください。

PageTop